Q&A

Q1.どんなシミでもとってくれるの?何年も放っていたがんこなシミは?

「取る」ということであれば、すべて取ることができます。 しかし、衣類の持つ「風合い・染色・形」を損なうことのない様に、シミだけを除去する事は非常に困難です。 ひばりクリーニングでは和服の高級シミ抜き方法『不入流(いらず流)』の技術を取り入れて、古いシミから他店で取れないシミまで取ってお客様に喜んでいただいてきました。そのこだわりは社内に『シミ抜き研究所』を設置し、常に技術革新を行い、頑固なシミといつも戦っています。

Q2.クリーニングに何回も出していたら、素材はすぐに傷みますか?

確かに衣類は頻繁に着用したり、洗濯を頻繁に行えば劣化が早く進みます。 従来の『たたいて擦って』というような一辺倒のクリーニングから、繊維や染色、シルエットに注意し、ただ洗うだけからお手入れ(ケアー)の発想で衣類を取り扱えば、必ず長持ちいたします。このお手入れ(ケアー)が我々のプロのクリーニングであり、当社が目指す『衣類のメンテナンス』であります。ひばりクリーニングのファッションクリーニングとは目に見えない汚れも取り除き、素材・デザイン・衣類の症状に応じて衣類を最適な状態にすることです。

Q3.おうちの洗濯機でドライクリーニングってできるの?

水洗いができない衣類を水洗いできるように防縮剤入りの洗剤が一般に発売されていますが、縮まず洗えるようです。 しかし、思わぬ変化や、その後のアイロンにご苦労される事があるのではないでしょうか。 ひばりクリーニングでは同じように水洗いができない洋服も、プロならではの水洗い方法「汗抜き加工(夏洗い)」で油汚れも汗汚れも落とし、形成(プレス)しております。衣服の縮みを防ぎ、型崩れを防ぎます。更に染料が溶け出す「移染」も防ぎます。

Q4.ドライクリーニングって何ですか?

「水を使わない」洗濯のことで、水の代わりにドライ溶剤を使って洗います。 カシミヤなどのデリケートな素材もを、水洗いによる収縮や型くずれ、色落ちなど負担をかけることなく、洗うことができます。 主に、皮脂や排気ガスのススなど油溶性の汚れを落とします。

Q5.「家庭での洗濯」と「クリーニング屋さんの洗濯」の違いは何ですか?

家庭用洗濯は、水洗いです。 水洗いは基本的に、水で洗っても風合いを損ねる心配のない綿やアクリルなど普段着に向いています。 それ以外のデリケートな素材や、スーツ、コート、また大切なお洋服は、クリーニング店のドライクリーニングが安心です。風合いそのままに、汚れを落とします。 また、綿でもワイシャツなどは、ご家庭での手間や時間のかかり具合を考えると、クリーニング店を利用なさったほうがリーズナブルな場合も。 専門の機械や職人の手による、パリッとした仕上りがお楽しみいただけます。

Q6.クリーニングから戻ってきた洋服はビニールカバーをつけたまま保管してもいいんですか?

ビニールカバーは、お洋服にホコリをつけないためのものです。そのまま保管しますと、カバーの中に湿気がこもり、カビの原因になってしまいます。 保管前には、カバーから出して窓辺に一度干し、通気性をよくすることをお勧めします。

Q7.シミがついてしまった!家庭ではどう対処したらいいんですか?

水を含ませたタオルやティッシュなどで抑えるようにして、水分や油分を吸収させます。 その際、生地の裏側に乾いたタオルなどを当てるとより効果的です。 この時は決してこすらないこと。 ゴシゴシこすったりすると、シミが繊維の奥まで染み込んだり、風合いが損なわれる恐れがあります。 口紅やペンキなど濃い色のシミ、また広範囲に渡ったシミなどは、そのまま触らずに、ひばりクリーニングまでご相談ください。 専門の職人が元の状態に戻すべく、最善を尽くします。