ひばりのこだわり

新3段階仕上げシステム

Aワンエー まごころコース
ビジネス着、普段着におすすめ!リーズナブルな料金のスタンダードクリーニング

AAツーエー おしゃれコース
おしゃれ着、おでかけ着におすすめ!特別加工と手仕上げによる自慢のオリジナルクリーニング

AAAスリーエー よそゆきコース
高級服、ブランド品など大切な1着におすすめ!素材に合わせた特別洗浄と入念な手仕上げ、全品に撥水防汚加工を施し、保管に気を配った最高級クリーニング

品質基準について

ひばりクリーニングは以下の項目について必ずチェックを行い、お客様に自身を持ってお勧めできる品質を保っています!

  • シリコン樹脂液量を適正な使用量
  • スプレー加工方法、加工箇所の適正さ
  • 加工後、直ちにスチームトンネル(ボックス)に入れ浸透させているか
  • スチームトンネル(ボックス)にて乾燥させているか
    ※綿麻製品はプレスで乾燥させているか
  • プレス後のハリ・艶
  • 起毛処理・毛玉処理の適正さ
  • しみがちゃんと取れているか
    ※落ちない場合は、染み抜きカードを必ず添付
  • 加工証に担当者印を押し添付しているか
  • 包装時に品質点検を必ず行っているか

特殊加工

  • 撥水加工
    雨やシミ、汚れをはじき衣類を守る加工です。
  • Wクリーニング
    ドライ&ウェットの二度洗いによる完全洗浄
  • リントラク加工
    スラックス・スカートの折り目に耐久性を付ける加工です

撥水加工について

撥水加工について

撥水(はっすい)加工とは、雨やシミ・汚れをはじき衣類を守る加工です。
販売されている撥水スーツや撥水ネクタイは、クリーニングすることにより撥水剤が落ち撥水性が悪くなりますので毎回の加工がお勧めですよ!

シミや汚れをはじき、衣類をやさしくガードします!
シルク・ベルベット・プリーツ加工品・白っぽい衣類・レインコートなどに最適!



「防水」と「撥水」の違い

「防水」とは、防水剤により生地表面に皮膜を作り完全に水を防ぐ加工で、通気性がなく、生地が硬くなり一般衣料には適しません。
「撥水」とは、撥水剤(フッ素樹脂等)により繊維1本1本に皮膜を作るため、通気性がよく、風合いを変えないで雨やシミ等をはじき繊維を守ります

おすすめ衣料

コート・スーツ・スラックス・ジャンパー・ネクタイ・スキーウェア・トップウェア、ボトムウェア、アウターウェア全般
ネクタイはAA(ツーエー)コースの場合、撥水加工付きセットになります!(630円)
 

復元加工について

復元加工について

従来のシミ抜きでは落ちなかった酸化変色(黄変)等を、特殊シミ抜き及び修正色、染色補正技術を用いる事により、 シミの付く以前の状態に復元する加工の事です。

復元加工は普段着はもちろん!下記のものにも有効です

・シミがとれなくてあきらめていたブランド品等

・エリ、股、袖口、脇の目立つ所の変色(黄変)

・シルク、麻、ウール、等の高級素材

黄ばんでもあきらめないでください。
色柄物でも、元の輝きをよみがえらせてみせます!

Wクリーニングについて

ドライ&ウェットの二度洗いによる完全洗浄!

一般に汚れは水溶性、油溶性、不溶性と3種類に分類されます。
クリーニングの特徴としてドライクリーニングは油溶性、不溶性の汚れを落とすことが得意で、水洗は水溶性、不溶性の汚れを落とすことが得意です。

最近の衣料は、デザイン性の重視や新素材の開発に伴い、ドライクリーニング表示の衣類が増えております。そのためドライクリーニングでは落ちにくい水溶性の汚れが、クリーニングをしても少しずつ残っていき、ゴワゴワや変色を引き起こす原因となります。

その水溶性の汚れを落とすのがウェット洗いで、特殊なリンス加工剤を使用して水洗いします。ドライクリーニング表示の衣類であっても定期的にウェット洗いをすることが必要です。

ウエット&ドライの二度洗浄

おすすめ衣料

スラックス、スカート、ブラウス、ワンピース、コート、インナー、ボトムウェア全般
※直接肌に接する衣類

おすすめ素材

ウール、綿、麻、ポリエステル、アクリル、等
※ウール50%以上の混紡品、綿、麻は多少縮む恐れがあります。

Wクリーニングできない素材

ウール(獣毛品)、シルク(濃色)、レーヨン、アセテート、テンセル、等
※上記以外でも、素材・デザイン等により処理できない場合があります。

注意事項

  • 多少縮む恐れがあります
  • 外国製品、オーダー品はお受けできない場合がございます
  • スーツの場合、上下の色が変わる場合があります
  • ウールニット製品はお受けできない場合がございます

さらさらドライについて

さらさらドライ

ドライ&ドライ(界面活性剤)の二度洗いによる洗浄

どうしてもWクリーニングできない衣類もあり、2009年導入した「さらさらドライ」で、ほぼ全ての衣類の油溶性、水溶性、不溶性の汚れを落とすことができるようになりました。「さらさらドライ」は、水溶性の汚れを70%~80%除去することができる。

おすすめ素材

スラックス・スカート・ブラウス・ワンピース・コート等 インナー・ボトムウェア全般(直接肌に接する衣類)

リントラク加工について

リントラク加工

リントラク加工図解スラックス・スカートの折り目に耐久性を付ける加工です(耐久折り目加工)。
国際羊毛事務局(ウールマーク)が開発した最新の折り目加工技術です。

この加工はライセンス取得企業として国際羊毛事務局より認定された企業のみが出来るシステムとなっており、品質、技術ともに認められております。

加工は、スラックス、スカートの折り目(ヒダ)の表地内側に専用の樹脂剤を塗り、折り目を固めることで、プレスの折り目を保持し耐久性を持たせます。

リントラク折目加工写真

おすすめ素材

ウール、ウールポリエステル混紡品

おすすめしない素材

綿、麻、化織
※加工は出来ますが耐久性が悪いため

加工できないもの

  • 薄地→樹脂がしみ出してしまう
  • 裏地が剥がれないもの→樹脂が塗れない
  • 毛足の長いもの→毛足がつぶれてしまう
  • 裏起毛品→樹脂が浮いてしまう
    ※耐久性は、素材・着用頻度によって違います。

美白ワイシャツについて

received_1158845227534873

Yシャツ洗浄仕上げ

Yシャツ洗浄仕上げ

【洗浄と仕上げ方】

●50℃~55℃の高温洗浄
●ランドリー機「たたき洗い」方式・・・・・・※多少負担がかかります※
●漂白作用「色限定あり」・・・・・・※濃色は別料金※
●天然糊付けあり「強・中・弱・糊なし」・・・・・・※ご要望にて承ります※
<Yシャツの素材・芯地の素材により同じ糊付けでも糊の付き具合が異なる場合があります>
●塗れがけ機械プレス「160℃位の熱版プレス機仕上げ」・・※多少負担がかかります※

(注)
・Yシャツは綿素材となります。
・Yシャツは上記の作業工程に耐える素材、芯地、縫製が条件となります。
・Yシャツでも貝ボタン、メーカー印字ボタン、デザインボタン等の付いたものは 品質上Yシャツのお取扱い出来ない場合もございます。
・バーバリー、ドルチエガッパーナ等のデザイナーズブランド品やドライマークの表示が付いている場合、品質上Yシャツのお取扱い出来ない場合もございます。
・Yシャツ仕上げ機械は型が標準化のため、規格以外のサイズのYシャツ(4L)以上のサイズはビッグYシャツ扱いとなります。

その他シャツ洗浄仕上げ

【洗浄と仕上げ方】

●30℃の中温洗浄
●ランドリー機・・・・・・※ソフト洗い※
●ドライマーク表示品はドライ機洗浄・・・・・・※ソフト洗い※
●シャツの素材を考慮・・・・・・※ソフト洗い※
●スチームアイロンで1点1点ハンド仕上げします

(注)
・Yシャツとは洗浄もプレスの条件もまったく違います。
・デザイナーズブランド品やドライマーク表示が付いている場合、品質上シャツのお取扱いとさせていただきます。
・シルク、麻、ポリウレタン等の素材はシャツのお取扱いとなります。

クイック受付システム

平日早朝30秒受付システム

このサービスは、月~土・朝8時~9時に、田無店、西荻北口店のみでご利用いただけます。